• 前橋院027-223-4976
  • 診療時間
  • 高崎院027-370-4976
  • 診療時間
  • Facebook
  • Instagram

STAFF BLOG スタッフブログ

間違った認識に気をつけて!腰痛別の改善法

間違った認識に気をつけて!腰痛別の改善法

日本で肩こりに並び、年代問わず多い腰痛。昔であれば、高齢の方がなるものだと認識されていましたが、現在では10代の学生にも多くなってきました。

ですが、一口に腰痛と言っても全てが同じ腰痛とは限りません。腰痛のタイプが違えば、対処法も変わってきます。

今回は、腰痛のタイプ別とタイプ別ごとの対処法をご紹介していきます。

 

腰痛

 

手術可能の腰痛と原因を特定しづらい腰痛

腰痛は大まかに手術可能で治る見込みのあるものと、原因がわからず対処しづらいものの2つに分けられます。

前者は、坐骨神経痛、ヘルニア、狭窄症、圧迫骨折などで、腰痛全体の15%を占めています。

後者は、筋性腰痛、椎間板性腰痛、仙腸関節性腰痛などで、腰痛全体の85%を占めています。

また、後者の腰痛を分けると以下のものになります。

・前屈腰痛

・そらし腰痛

・臀部腰痛

・筋性腰痛

 

では、4つのタイプの腰痛を詳しく見ていきましょう。

 

・前屈腰痛

このタイプはデスクワークや猫背などの前屈みによくなる人に発生しやすいです。背中の筋肉が弱ることによって猫背になります。その際、背骨の「椎骨」と「椎骨」の間にある「椎間板」というものが圧迫されて痛みが発生します。

ちなみに、マッサージなどでは改善はしませんので注意しましょう。

 

・そらし腰痛

こちらのタイプはお腹の筋肉が弱ることによって、反り腰になります。特に女性に多く見られます。

上の物をとろうとした時、赤ちゃんを抱っこした時などの動作で、背骨の後ろにある椎間関節という場所がぶつかることで痛みが生じます。

こちらもマッサージをしても改善はしませんので注意しましょう。

 

・臀部腰痛

これは厳密にはお尻が痛むのではなく、「仙腸関節」などの関節が歪んだり、炎症が原因で痛むのです。特に産後の女性に圧倒的に多く見られる症状です。妊娠中に分泌されるホルモンの影響で、仙腸関節をとめている靭帯が緩んだまま元に戻らない事で発生します。

詳しい内容はこちらのブログをチェックしましょう!

 

・筋性腰痛

スポーツ、運送業者などの体を動かす人や同じ姿勢で作業をするデスクワークの人が主になりやすい腰痛です。

急性は腰に負担のかかる激しい動作中に起こると言われています。

慢性は使い過ぎによる疲労が原因で、背中の筋肉に沿って痛みがあったり、背中の筋肉の緊張が強いなどの症状が見られます。

慢性の腰痛に限りマッサージで症状を軽減することが可能です。しかし、根本的な解決にはなりませんので注意です。

 

 

あなたはどのタイプの腰痛でしたか?腰痛のタイプをしっかりと確認できたら、今度は改善法をチェックしていきましょう!

チェックする前に、3つ守らなければならないことがあります。まず1つ目は「筋肉をほぐして柔軟性をアップさせること」、2つ目は「筋肉を鍛えて体を支える為の筋トレ」、最後の3つ目は「必ず毎日続けること」です。これらを守れば慢性的な腰痛が少しずつ変化して、改善していきます!

 

・筋肉のほぐし方

ここでは筋肉の柔軟性を出す為のストレッチをご紹介していきます。ストレッチ以外のほぐし方はこちらをチェック!

 

【仰向けのストレッチ】

1.仰向けに寝て、両手を上にあげてリラックスしましょう。

2.片足を曲げて持ち上げます。曲げた足を伸ばしたままの足の方向に倒していきましょう。この時、両肩が床から離れないように注意します。

3.そのまま20秒キープします。キープしている間は深く深呼吸したいきます。終わったら反対側も同じようにしましょう。

 

【座りながらのストレッチ】

1.片足を真っ直ぐに伸ばし、もう片方はあぐらをかくように曲げます。

2.背筋を伸ばし、そのままの状態で両手を伸ばした足の爪先に向かって持っていきます。

3.筋肉が伸びていると感じたらそこでストップし、20秒数えながら深呼吸します。伸ばしているときに痛みを感じたら少し緩めにやりましょう。

 

 

・正しい筋トレのやり方

ストレッチをして、体を柔らかくしたらいよいよ筋トレです!筋トレを行う際は、無理せずに少ない回数をゆっくり、だけど確実にこなしていきましょう。

【前屈腰痛】

トレーニング

1.仰向けになった状態で、膝を曲げます。両腕は体の横に伸ばした状態で掌は床に向けます。

2.首から膝まで一直線になるように、お尻を上ます。この際に、お尻を上げすぎないようにしましょう。

3.そのまま20秒キープします。これを5回繰り返しましょう。

 

 

【そらし腰痛】

トレーニング

 

1.仰向けの状態で両膝を曲げます。かかとと両膝は合わせておきましょう。

2.息を深く吸い込みながらお腹を膨らませます。

3.ゆっくりと息を限界まで吐いていきます。このときにお腹を息に合わせて凹ませていきましょう。これを5回繰り返します。

 

 

いかがでしたしょうか?筋トレで気をつけたいのは、目的の部位以外に痛みや違和感が出ること。「腹筋をしていたら腰が痛くなった」とよく聞きますが、これは間違ったやり方をして休ませるはずの筋肉をさらに酷使して、悪化させてしまったからです。

筋トレの詳しい方法を知りたい方はぜひL.A.整骨院/整体院 前橋・高崎院までご相談ください。

 

L.A. 整骨院 整体院

高崎院:高崎市緑町1-2-5 1F    Tel:027-370-4976

前橋院:前橋市南町4-7-7   Tel:027-370-4976

『ホームページを見た』『ブログを見た』とお電話ください。

またトップページよりLINEからもご予約いただけます。

ACCESS アクセス

前橋院

LA整骨院(前橋院)

〒371-0805
群馬県前橋市南町4-7-7

TEL
027-223-4976
診療時間
9:00~12:00
15:00~19:30
土曜12時迄 / 日曜14時迄
休診日
火曜/祝日

高崎院

LA整骨院(高崎院)

〒370-0073
群馬県高崎市緑町1-2-5

TEL
027-370-4976
診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00
土曜12時迄 / 日曜14時迄
休診日
火曜/祝日

前橋院

トレーニングスペース(高崎院)

〒370-0073
群馬県高崎市緑町1-2-5

TEL
027-370-4976
診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00
土曜12時迄 / 日曜14時迄
休診日
火曜/祝日