• 前橋院027-223-4976
  • 診療時間
  • 高崎院027-370-4976
  • 診療時間
  • Facebook
  • Instagram

STAFF BLOG スタッフブログ

坐骨神経痛に似てる!梨状筋症候群とは?

坐骨神経痛に似てる!梨状筋症候群とは?

腰痛といえば、セットで起きやすい坐骨神経痛。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などで起こりやすい症状として有名ですよね。しかし、中には腰が痛くないのに足が痺れたり、レントゲンをとっても問題無しで困ってる方もいます。そんな方はもしかしたら「梨状筋症候群」かもしれません。今回は、坐骨神経痛と勘違いされやすいこの疾患をご紹介していきます。

 

坐骨神経

 

【梨状筋症候群とは?】

坐骨神経が何らかの原因により硬くなった筋肉(梨状筋)の圧迫や刺激を受けて痛みが出ることです。坐骨神経は梨状筋の下を走っており、足の方へと流れていきます。神経が圧迫されると、足の裏側に痺れ、痛み、感覚異常がみられます。また、体調や個人差などによって痛みや痺れなどの出る場所は違います。主に、股関節をよく動かすサッカーや陸上、野球では捕手のように座る動作時などに症状が強く出ると言われています。

 

【梨状筋症候群になる原因は?】

スポーツや労働などで股関節をよく使う方がなりやすいと言われていますが、普通に生活している方でも症状が出る可能性は非常に高いです。なる原因としては、猫背、筋力低下、運動不足などが挙げられます。

本来、梨状筋は奥深くにあるインナーマッスルの筋肉です。アウターマッスルである、大臀筋や中臀筋のサポートをし、バランスよく使えば硬くなることはあまりありません。しかし、デスクワークなどで1日中パソコンを長時間悪い姿勢で座ることにより、大臀筋などが硬く使いにくくなります。すると、梨状筋にまで負担がいき、梨状筋自体も硬くなってしまうのです。

もしも、足に痺れや痛みを感じる方は、試しに梨状筋にのある場所を押してみてください。硬いシコリっぽい感じがしたり、痛みが出た場合は梨状筋が硬くなっている可能性が高いです!

 

 

 

【梨状筋や股関節を柔らかくするストレッチと運動】

梨状筋が硬くなる原因がわかりましたね。では次に、梨状筋をストレッチと支える為の筋力作りの運動をご紹介していきます。

これをご自宅などで行い、体の問題を解決に導いていきましょう。

 

 

坐骨神経 腰痛

 

 

・ストレッチ

(その1)

・仰向けで両膝を立てて、片方の足首を反対側の膝に乗せます。

・そのまま膝の裏を両手で抱えて、胸に引き寄せます。

・お尻〜もも裏あたりに伸びる感じがしたら、ストップしてそのまま20秒数えながら深呼吸しましょう。

※ストレッチの最中に痛みやつる感じなどがしたら中止して様子をみましょう。

 

(その2)

・床に座った状態で、両膝を立てます。両手は後ろにつきましょう。

・片方の足首を反対側の膝に乗せます。手を後ろについたままお腹を前に突き出すように上半身を倒します。

・お尻〜もも裏あたりに伸びる感じがしたら、ストップしてそのまま20秒数えながら深呼吸しましょう。

※ストレッチの最中に痛みやつる感じなどがしたら中止して様子をみましょう。

 

(その3)

・イスに座り、片方の足首を反対側のももの上に乗せます。下の足は曲げておきます。

・背筋を伸ばし、そのまま上半身を前に倒します。

・お尻〜もも裏あたりに伸びる感じがしたら、ストップしてそのまま20秒数えながら深呼吸しましょう。

※ストレッチの最中に痛みやつる感じなどがしたら中止して様子をみましょう。

 

 

 

ストレッチをして股関節やお尻周りの筋肉を柔らかくしたら、トレーニングを行い柔軟性の高い筋肉を育てていきましょう。

 

・トレーニング

ドローイン

1.仰向けの状態で両膝を曲げます。かかとと両膝は合わせておきましょう。

2.息を深く吸い込みながらお腹を膨らませます。

3.ゆっくりと息を限界まで吐いていきます。このときにお腹を息に合わせて凹ませていきましょう。これを5回繰り返します。

 

スクワット

1.足を肩幅くらいに開き、爪先はやや外側に向けます。

2.背筋を伸ばして、息を吸いながら、地面と膝が平行になるまで膝を曲げていきます。

3.息を吐きながら、膝が伸びきらない程度に立ち上がります。

※膝が爪先よりも前に出ないようにしましょう。

※膝と爪先は同じ向きにして取り組みましょう。

※反動や勢いで取り組まず、フォームを意識してゆっくりと行いましょう。

 

フロントブリッジ

1.うつ伏せになり、肘を肩の真下かやや狭い位置におきます。

2.両肘と両つま先で支えるように体を持ち上げます。

3.体勢をキープします。

※腰がそれないようにしましょう。

※方からかかとまで、真っ直ぐになるように姿勢を維持しましょう。

 

いかがだったでしょうか?梨状筋症候群は坐骨神経痛と似た症状ですが、放っておくと悪化して大変なことになります。まずは今回のブログの内容を参考にしながら対処してみてください。

ですが原因は様々です。根本から対処しなければ繰り返してしまうことを忘れないでください。またブログの対処の仕方は症状によって合わせるべきです。マッサージなどその場しのぎで根本から治療しなければ繰り返してしまうものです。もし「本気で治したい」「根本から治したい」という方はぜひL.A.整骨院/整体院 前橋・高崎院までご相談ください。

 

L.A. 整骨院 整体院

高崎院:高崎市緑町1-2-5 1F    Tel:027-370-4976

前橋院:前橋市南町4-7-7   Tel:027-370-4976

『ホームページを見た』『ブログを見た』とお電話ください。

またトップページよりLINEからもご予約いただけます。

「坐骨神経痛かな?」「どんな施術してるか知りたい!」と思った方はこちらのブログをお読みください。

高崎市在住 坐骨神経痛で悩まれていたSさん70歳・男性の事例

お薬や湿布で痛みをごまかしている方はこちらのブログへ

高崎・前橋で腰痛が治らず、薬や湿布でごまかしている方へオススメ! L.A.整骨院 整体院

マッサージで良くならないと感じた方はこちらのブログへ

あなたの腰痛がマッサージで治らない理由

 

ACCESS アクセス

前橋院

LA整骨院(前橋院)

〒371-0805
群馬県前橋市南町4-7-7

TEL
027-223-4976
診療時間
9:00~12:00
15:00~19:30
土曜12時迄 / 日曜14時迄
休診日
火曜/祝日

高崎院

LA整骨院(高崎院)

〒370-0073
群馬県高崎市緑町1-2-5

TEL
027-370-4976
診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00
土曜12時迄 / 日曜14時迄
休診日
火曜/祝日

前橋院

トレーニングスペース(高崎院)

〒370-0073
群馬県高崎市緑町1-2-5

TEL
027-370-4976
診療時間
9:00~12:00
15:00~20:00
土曜12時迄 / 日曜14時迄
休診日
火曜/祝日